スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

≪次の記事へTOP前の記事へ≫

マットの機能と種類

テント泊の登山で快眠を得るために、重要なのは寝袋だけじゃありません。
マットも寝袋並みに重要なアイテムです。

ちなみに、ここで言うマットとは、キャンプマットとかスリーピングマットとかシュラフマットとか呼ばれるもののこと。
寝袋の下に敷くものであって、テント全体に敷くインナーマットとは別物とお考えください。


マットの機能は2つ。
 1.地面の凸凹をクッションで緩和(快適機能)
 2.地面からの冷気を抑制(断熱機能)

夏の低地でのキャンプなら、断熱性は特に気にしなくても大丈夫。
安物の銀マットでも十分ですが、快適性の観点からもっといいものにしてもよいでしょう。

逆に冬の登山で使うなら、断熱性に優れたものを選ぶ必要があります。
この場合は、アウトドアメーカーのものを探すのが無難でしょう。


マットには大きく分けて、クローズドセルマットとエアーマットの2種類があります。

[クローズドセルマット]
 ・銀マットやウレタンマットのように中身が詰まっているもの
 ・空気漏れがない
 ・軽量だけどかさばる
 ・比較的安い

[エアーマット]
 ・中に空気を注入して膨らませて使うもの
 ・空気漏れのおそれあり
 ・収納が面倒だけど小さくなる
 ・比較的高い


僕は以前、キャンプでエアーマット(モンベルのU.L.コンフォートシステムパッド)を使っていましたが、よく穴が開きました。
インナーマットを敷いてなかったからかなぁ。

また、残雪期のテント泊では、エアーマットの空気が漏れて、寒い夜を過ごしました。
空気漏れは地味に発生するので、気付きにくいのがやっかいです。


このように、エアーマットで苦労した経験があるので、僕はクローズドセルマットをおすすめします。
空気漏れがないので安心というのが一番大きなメリットですが、そのほかにも軽量、安価といったメリットもあります。

唯一かつ最大の難点は大きさ。

ザックに外付けするのが普通ですが、枝に引っかかったり、岩にこすったりということがままあります。
マットにできる傷はたいした問題ではありませんが、その衝撃で、体のバランスを崩してしまうと、岩場や鎖場では大事故につながる可能性もあるので、気をつけなければなりません。

また、ザックに外付けする場合には、ザックカバーを問題なく装着できるかどうか事前に確認しておきましょう。


次回は僕が購入したサーマレストのリッジレスト ソーライトについての記事を書きたいと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

≪次の記事へTOP前の記事へ≫

 

この記事へのコメント

プロフィール

マサ

Author:マサ
大阪在住、二児のわんぱく坊主の父親。息子たちとの登山を夢見るアラフォーです。アウトドア好き、旅好き、二度寝好き。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。