スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

TOP前の記事へ≫

残雪期の八方尾根から唐松岳への登山(4月25日~26日)


今回の山行は、雨男2人(Kさんと僕)と晴れ男1人(Hさん)のパーティー。

Hさんの晴れ男っぷりに期待しつつ、いざ出発!



八方尾根スキー場のゴンドラとリフト2本を乗り継いで高度をかせぐ。

それから登山のスタート。

s-DSCN0135.jpg
八方池山荘から山登りの始まり



天気は上々。

雪解けが予想以上に進んでいて、アイゼンやワカンの出番はなし。

尾根沿いを進んでいくと、みるみる眺望が開ける。

右手には白馬三山、左手には鹿島槍ヶ岳に五竜岳。

s-IMGP5398.jpg
白馬三山がきれいに見渡せてご機嫌!

s-IMGP5419.jpg
右手には白馬三山をなす白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳

s-IMGP5427.jpg
左手には五竜岳とその奥に鹿島槍ヶ岳が見える



汗ばむ陽気の中、のんびりと2時間半ほど歩いて、今日の寝床に到着。

谷を挟んで目の前に白馬三山が見える最高のロケーション。

s-IMGP5469.jpg
前には白馬三山の雄姿

s-IMGP5450.jpg
贅沢なキャンプですわ~

s-IMGP5449.jpg
濃い青空に白樺が映える

s-IMGP5452.jpg
今回はテン場ではないので、トイレも手作り♪



ビールで乾杯して、飯食って、ぼりぼりお菓子をつまんでいたら睡魔が・・・。

まだ太陽は沈んでいないけど、寝袋にもぐりこんで夢の中へ。



夜中にトイレで目を覚ます。

昼間とは打って変わって冷たい空気の中、脱糞。

尻が寒いけど、見上げると満天の星空。

この開放感、たまりません!!



北斗七星にさそり座。そして流れ星。

天の川は見逃してしまったけど、満たされた気持ちでまた寝袋に。



翌朝、日の出前にテントを這い出る。

そして、朝から至福のひととき。

s-IMGP5472.jpg
新しい1日が始まる

s-IMGP5505.jpg
ピンク色に染まる白馬三山



朝食を食べた後、テントを残したまま出発。

アイゼンとピッケルを身に付け、目指すは標高2,696メートルの唐松岳。



今日も素晴らしい天気!

雲ひとつない。

でも風が吹くと体が飛ばされそうになるので、油断は禁物。

少し緊張感が走る箇所があったものの、ほとんど危険もなく、平和な山登り。

s-IMGP5523.jpg
はるか遠くに富士山が浮かんでいる

s-IMGP5540.jpg
剱岳の雄姿も!



そして、無事に登頂。

剱や槍。遠くにはもっと高く、白い山も見えるけど、自分が世界の頂上に立っている気分。

s-IMG_4365.jpg
唐松岳山頂にて記念撮影



1年前からまともに始めた登山。

始めてよかった~。



↓今回の記事や写真はいかがでしたか?今後の励みに一票お願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 

TOP前の記事へ≫

 

この記事へのコメント

プロフィール

マサ

Author:マサ
大阪在住、二児のわんぱく坊主の父親。息子たちとの登山を夢見るアラフォーです。アウトドア好き、旅好き、二度寝好き。

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。